教育・文化・スポーツ

自転車競技 ロードレース

ロードレースの紹介

主に舗装された道路を自転車で走り、ゴールの着順や、所要時間を争う競技です。基本的には個人競技になりますが、レースによっては複数人のメンバーが役割を分担して、チームが定めた目標達成のために走るため、団体競技のようにも感じられます。

自転車競技は1896年の第一回アテネオリンピックから一度も途切れることなく現在まで続いています。その中でロードレースは、1900年、1904年、1908年の3大会は実施されませんでしたが、それ以外の大会では全て行われています。男子個人ロードレースは第一回の1896年より、実施されなかった3大会以外全てで行われていますが、1992年まではアマチュア選手に出場が限定されていました。

この他、(男子)個人ロードレースにおいて成績上位3〜4名のタイム順で優劣を決する(男子)団体ロードレースが1912年から1956年まで、4人の選手が先頭を交代しながら所定の距離を走破する(男子)団体タイムトライアルレースが1960年から1992年まで行われた後、プロ選手の出場が解禁となった1996年からは、個人タイムトライアルが行われるようになりました。

女子は、1984年より個人ロードレースが行われ、1996年からは個人タイムトライアルも加わりました。

個人ロード・レース

一般道を使ったレースです。全選手が一斉にスタートして、着順を競います。空気抵抗の存在があるため、単独で逃げるのは 相当の体力を消耗するので、各チームや各国は組織プレーを展開して、そのコース(平地・山岳等)を得意とするエースを勝たせるためにち密なプレーを見せます。アトランタ五輪か ら、オリンピックにもツール・ド・フランスで活躍するトッププロも参加するようになりました。

個人タイム・トライアル

各選手が1人ずつスタートし、ゴールまでの所要時間を競います。集団で走るロード・レースと違って、個人の実力だけが試される種目です。

ステージ・レース

ロード・レースはさらに、1日だけで行われるワンデー・レースと、数日間かけて競われるステージ・レースに区分されます。ツール・ド・フランスに代表されるステージ・レースは、1日ごとに開催されるレースの所要時間を累計して最も所要時間が少なかった選手を総合優勝者となります。

参考リンク

公益財団法人日本自転車競技連盟ホームページ

問い合わせ

スポーツ交流課
TEL:0550-82-7830