教育・文化・スポーツ

東京2020大会エンブレム

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会において募集を行った東京2020大会のエンブレムの採用作品が、平成28年4月25日(月)に決定しました。

採用作品は、 組市松門(くみいちまつもん)です。

歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いたものです。

形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示しています。

違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込めて、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表しています。

製作者は、野老 朝雄(ところ あさお)さんです。

 

東京2020大会エンブレムの詳細・野老 朝雄さんのプロフィールは下記の公益財団法人東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページをご覧ください。

東京2020大会エンブレム

東京2020大会エンブレムコンセプトムービー

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、東京2020大会エンブレムを「多くの皆様に愛されるエンブレム」に育てていきたいという想いから、コンセプトムービーを作成しました。
東京2020大会エンブレムのコンセプトや成り立ちを動画で紹介しています。

東京2020大会エンブレムコンセプトムービー

動画ナレーション内容

3つの異なる四角形は、多様性を表しています。

みんなちがうから、おもしろい。
みんなちがうけれど、つながれる。
互いに認め合い、支え合いながら、ひとつになる時がやって来ます。

同じ形、同じ数の四角形でつくられるふたつのエンブレム。
それは、すべてが平等である証。
障がいの有無を越えて、あらゆる障壁を越えて、人と人がつながってゆきます。

スポーツの感動は、スポーツの興奮は、世界中誰もが共有できる。
世界中みんなをひとつにする。

新しい未来は、きっと、ここから生まれます。

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ

『出典:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会ホームページ(https://tokyo2020.org/jp/games/emblem/)』

問い合わせ

2020オリンピック・パラリンピック課
TEL:0550-82-7830