くらし

木造住宅の補強工事費用を補助します

木造住宅の補強工事費用を補助します【木造住宅耐震補強助成事業】

概要

耐震診断の結果、耐震性が低い(耐震評点1.0未満)と判定された住宅の耐震補強工事を行う場合、その工事に対して補助金が受けられます。また、高齢者等(65歳以上のみ及び障がい者のいる世帯)のお住まいの住宅などの要件を満たす場合には、補助金額の割り増しが受けられます。

対象住宅

  • 昭和56年(1981)5月31日以前に建築された木造住宅で、耐震診断の結果、耐震評点が1.0未満のもの。
  • 一戸建てのほか、長屋、共同住宅でも対象となります。
  • 併用住宅は、建物全体の半分以上が住宅として使われていれば対象となります。
  • 建物の一部が木造以外の場合は、対象とならないことがあります。
  • 空き家は対象外です。

申請者

  • 対象住宅の所有者など
  • 借家などで居住者による申請の場合は、所有者の承諾が必要です。

補助対象

  • 耐震評点を1.0以上、かつ0.3ポイント以上向上する耐震補強工事に要する費用

補助金額(率)

  • 一般世帯は、1敷地あたり50万円(工事金額が50万円未満の場合はその金額)
  • 高齢者(65歳以上)のみの世帯、障がいのある方などと同居の世帯(借家は除く)は、 1敷地あたり70万円(工事金額が70万円未満の場合はその金額)

要綱

申請書類ファイル

 変更申請書類ファイル

 実績報告書類ファイル

 請求書類ファイル

 その他書類ファイル

 備考

  • 工事業者と契約する前に、必ず補助金の申請をしてください。
  • この補助を利用するには、静岡県耐震診断補強相談士の資格を持った建築士のいる建築士事務所が作成した補強計画に基づいて工事を行う必要があります。

木造住宅の補強工事費用を拡充します【木造住宅耐震補強助成事業】

上記の補助金額(率)に15万円の上乗せを行います。

15万円拡充の適用条件

【必須条件】

  • 工事期間中に耐震補強PR看板を設置するもの
    ※「耐震補強PR看板」とは、市において補助申請時に無償配布しているもの
    (サイズ:縦60cm×横90cm)

【選択条件】※以下のいずれか1つ以上を実施

  1. 工事期間中に現場見学会を実施するもの
  2. 工事完成後に完成報告会を実施するもの
  3. 工事完成後に住宅所有者等が耐震補強工事を実施するきっかけを記載した文書及び耐震補強工事後の住宅の写真を市に提出するもの

要綱一部改正

上乗せ申請書類ファイル

備考

様式のデータが必要な場合は、下記までメールでご連絡ください。

問い合わせ

建築住宅課
TEL:0550-82-4224
mail:kenchiku@city.gotemba.lg.jp