行政情報

御殿場市橋梁長寿命化計画策定

市では、450橋以上の橋梁を管理しています。
これらの多くは1950年以降に建設されています。その中で高齢といわれる建設後50年程度経過した橋梁は約11%程度ですが、20年後には約4割、30年後には約7割が建設後50年を超え、今後急速に高齢化が進行していきます。
また現時点で高齢化している一部の橋梁では損傷が目立ち始めています。損傷が進めば修繕のための交通規制により円滑な交通を確保できなくなり、損傷をそのままに放置すれば最悪の場合落橋事故を引き起こす恐れがあります。また、進行後に橋梁を補修した場合大幅なコストがかかり、近い将来、市の財政を圧迫する要因となります。
そこで市では橋梁の予防的な修繕を通じて、橋梁の安全確保と維持管理に関するコストの縮減と安全かつ円滑な交通を確保するために、御殿場市橋梁長寿命化計画を策定しました。

問い合わせ

管理維持課
TEL:0550-82-4233