防災・安全

夏の交通安全県民運動実施中

一人ひとりがルールとマナーを守り、交通事故防止に努めましょう。

期 間

平成30年7月11日(水)~7月20日(金)までの10日間

運動の重点

  1. 高齢者と子供の交通事故防止
  2. 自転車と二輪車の安全利用の推進
  3. 飲酒運転の根絶
  4. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底(市重点)

チャイルドシート ~子どもの安全! 大人に安心!~

子どもの交通事故は、大半が保護者の自動車同乗中に起こっています。時速40kmで自動車が衝突した場合、体重10kgの子どもでも約300kgの衝撃が加わり、大人の両腕でも支えることはできません。そのため、チャイルドシートを着用していない子どもは、している子どもと比べて事故発生時の死亡率が5倍以上も高くなります。

また、チャイルドシートを取り付けても、助手席に取り付けるとエアバック作動時に膨張したエアバックが子どもに重大な傷害を与える可能性もあるため、シートは後部座席に取り付けましょう。

問い合わせ

くらしの安全課
TEL:0550-82-4123