防災・安全

※このお知らせは2017年4月25日に書かれました。最新情報をご確認下さい。

防災ベッド設置費用補助金交付事業

住宅の倒壊から生命を守る「防災ベッド設置費用補助金交付事業」

対象となる住宅に防災ベッドを設置する場合に費用の一部を補助します。

防災ベッドの概要

阪神・淡路大震災では、亡くなられた方の84%が家屋の倒壊等による圧死でした。その経験からも、地震対策としては住宅の耐震化を進めるべきですが、費用の問題等から耐震補強等を行えない場合があります。そこで、耐震補強の代替措置として、旧建築基準の木造住宅での使用を想定し、1階で就寝中に地震に襲われて家屋が倒壊しても、安全な空間を確保できる「防災ベッド」を静岡県が事業所と共同で開発しました。

市では、この防災ベッドを設置する場合の購入から設置に係る費用を対象に、費用の一部を補助します。

補助を受けようとする場合は、まず危機管理課にお問い合わせください。

補助対象となる木造住宅

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたもの及び同日において工事中であったもの
  2. 耐震診断により算定された耐震評点が1.0未満のもの
  3. 地階を除く階数が2以下のもの
  4. 御殿場市プロジェクト「TOUKAI-0」総合支援事業費補助金交付要綱(平成28年御殿場市告示第50号)の規定による木造住宅耐震補強助成事業に係る補助金の交付を受けていないもの

補助の要件

  1. 補助対象となる防災ベッドは、平成14年度に静岡県が開発したものとする。
  2. 市内の木造住宅に自ら居住する者。(市税を滞納していない証明書が必要)
  3. 防災ベッドは、交付の申請に係る木造住宅の1階に設置しなければならない。

補助金額

防災ベッドの設置に要する費用(購入、輸送、組立及び附属品に係る費用を含む。)の5分の4の額とし、防災ベッド1台当たり20万円を限度とする。補助額の千円未満の端数は切り捨てる。

同一木造住宅内は2台を限度とする。

補助申請

申請書に、必要事項を記入・押印し、必要な書類を添えて市役所東館2階危機管理課へ申請してください。

問い合わせ

危機管理課 TEL:0550-82-4370